2005年09月27日

『HHB』

旅に行けないうっぷんで、
『HHB(ひとり ほっかいどう ぶっさんてん)』
開催しましたですよ(みうらじゅん&安斎肇 風)


jingisukan.jpg

● 1 ●
生ラムジンギスカンのしゃぶしゃぶを食べに行く。
ほんとうに生で食べられちゃうくらい
臭みもなく、淡白でおいしかった〜


ikura.jpg

● 2 ●
自宅でいくらのしょうゆ漬け作り、
今回は礼文島で買ってきた昆布をカットしていれてみました〜。
1日目、2日目と味がしっかりとついていく
変化を楽しみましたよん、もちろんまいうー♪ 


zuwai.jpg kaki.jpg

● 3 ●
新潟、寺泊まで遠征してズワイガニを食べる…
つもりが、試食で飽きてしまい
みそ汁の出汁で楽しむ、ウマーヽ(´ρ`)ノイ。
その日のキャンプでは
大きな殻付き牡蠣を炭火焼きでいただく♪
レモンたっぷり、おしょうゆひとたらしで
うまうまっ!


hanasaki.jpg

● 4 ●
現地特派員にお願いしていた、
根室発送の花咲がにをいただく♪
黙ってひたすらバリバリ、モクモク…
んまっ
しばらくカニはもういいや、ってくらい
たっぷり味わいました〜


ひ〜〜〜〜っ血管つまりそう〜っ
なので、
今はその摂り過ぎたエネルギーを燃やすべく
どんなに残業して帰っても
ラテラル・サイ・トレーナーを
日々の日課でやっております〜

36624224_178.jpg
posted by emi at 23:18| Comment(3) | TrackBack(0) | にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

4連チャン、最終日。

37641644_247.jpg 37641644_155.jpg 37641644_2.jpg

北海道行きが中止になったので
やけ酒4連発と言われてましたが…(^^;


木曜日:会社かえりに女の子の友だちとふたりでしっぽり立ち飲み。

金曜日:地元大船の飲み仲間とのイベントで大宴会。

土曜日:赤ちょうちん遠征で都内某所でまったり飲み。

で、最終日の昨日は毎年恒例で
スキー&夏山仲間と行く『高尾山ビアマウント』
http://www.takaotozan.co.jp/beermnt/index.htm
での、宴会。

ただ宴会へ行くだけではなく、
そこは体育会系の飲み会なので集合は高尾山口で
山歩き、のはずだったんだけど大雨に…。
高尾山には7通りのルートがあって、
http://www.takaotozan.co.jp/cource/index.htm
予定では沢沿いの気持ちいい6号路(びわ滝コース)へ
いくつもりだったけれど大雨ではしょうがないので、
完全舗装された1号路(表参道コース)へ。

傘をさして、とぼとぼと登り
気温は高くないんだけど、湿度が多いので
滝のような汗がぶわっ
ケーブルカーおりばで、おこちゃま連れチームと合流
大雨だし、おこちゃまもふたりもいるし、どうしようか?と相談。
結果、ちびちゃんたちに山歩きの達成感を
教えてあげようと山頂まで行くことに。

高尾山薬王院への参道をコースどおりに行き
頂上の三角点にタッチ、そして
ケーブルカーおりばまで戻り、本命のビアマウントへ
¥3000くらいで2時間のバイキング形式で
飲み食べ放題です、雨で景色もほとんど見えなかったで
がっつりビール4種と
赤ワインをそれぞれいただいてきました〜。
お料理は…野菜がいちばんうまかったです
特に完熟トマトが(^^)

4連チャンの最終日にふさわしい、
いい汗かいて、おいしくたのしく飲めました♪

晴れれば素敵な夜景を見られるのでかなりお薦めですよん
今年の『高尾山ビアマウント』の営業は9/19(敬老の日)まで
posted by emi at 15:19| Comment(3) | TrackBack(0) | にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

『悲しくてやりきれない』

ザ・フォーク・クルセダースの
68年のヒット曲、
これ昨日から私のテーマソングになっちゃってます。
とくに2番がひびきます。・゚・(ノД`)・゚・。


 白い雲は 流れ流れて
 今日も夢はもつれ わびしくゆれる
 悲しくて 悲しくて
 とてもやりきれない
 この限りない むなしさの
 救いは ないだろうか


3ケ月まえから仕込んでいた
休暇が仕事でパーになっちゃいました(泣)
なので、
今年の北海道ツーリングは1週間前にして中止…

私の夏休みはどこへ行ってしまうのでしょー

悲しく〜て 悲しくて
とて〜もや〜り〜きれ〜ない〜


フェリーの予約をしているのですが

17日(土)10:30 新潟 発/翌04:10 小樽着
24日(土)18:30 苫小牧発/翌13:15 大洗着

どちらもS寝台、250ccのオートバイ。

予定があう方がいらっしゃれば
ただキャンセルするものくやしいので
権利をお譲りします(T^T)
掲示板までご一報ください。
posted by emi at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

Hyde Park Music Festival 2005

http://hmf-sayama.jp/

かつてアメリカ空軍基地(73年返還、76年一般開放)だった
狭山の稲荷山公園はハイドパークという名称で
周辺に建っていた米軍ハウスには、ミュージシャン、デザイナーなど
アーチストたちがアメリカ文化の刺激を受けながら
新しい作品をつくりだしたそうです。

細野晴臣さんをはじめとしたハイドパークゆかりの
(関係ない人もいたけど)ミュージシャンが集まってのライブ、
土日の2日間、お昼から夜の9:00まで!
周辺の住民の方々の協力も大きかったと思う
スケジュールで行われました。

私は2日目だけを観にいったのですが
入場のしかたや、持ち込みをした椅子を
使っていい場所のアナウンスなど、
不手際があったものの、出演者が渋いこともあって
観客はいい大人が多かったので
混乱はそんなに起きませんでした。
(と、いいながらキレそうだった私(^-^;)

出演者は
◎ディキシー・ポーク
◎バンド・オブ・バクシー・バウル
(地元ミュージシャン)
◎SAKEROCK
◎岩渕まこと
◎アーリー・タイムズ・ストリングス・バンド
(西岡恭蔵トリビュート)
◎ラストショウ
◎鈴木慶一/鈴木博文/武川雅寛
(ムーンライダースの半分なのでハーフムーンライダーズ)
◎洪栄龍
◎エリック・アンダーソン
◎佐野元春&ザ・ホーボー・キング・バンド
◎細野晴臣
with 鈴木惣一朗、高田漣、伊賀航、浜口茂外也、三上敏視

ハーフムーンライダースのあたりから
急な雷雨にみまわれてずぶぬれ、さすが9月は初秋なのね〜
ちょっとさぶいっ


それでも耐えて、トリでかつ目当てのホソノさんのライヴは
アコースティックでのバンド編成。
http://hydepark05.live-express.jp/report/report.php?id=83
ホソノさん、ベース弾くかな?と
楽しみにしていたけれどアコギでした、
はじめに眼鏡をかけていて誰かと思ったけれど、
品のいい低音ヴォイスはやはり心地よく
ぽそぽそ話す口調や、ユルユルな雰囲気にすっかりやられてしまいました。
やっぱりホソノさん大スキ(はぁと)

演奏したナンバーはホソノハウスや、はっぴいえんどの曲を中心に展開。
今年急逝した高田渡さんのご子息、漣さんも参加されていましたよ。

3日の出演者、高野寛、小坂忠も飛び入りでコーラスで参加、
小坂忠さんとの『ありがとう』はサイコーでした♪

1. ろっかばいまいべいびい 〜西岡恭蔵へ〜
2. ぼくはちょっと 〜高田渡へ〜
3. Pom Pom 蒸気 〜ルイジアナへ〜
4. 夏なんです
5. 終わりの季節
6. 恋は桃色
7. 幸せハッピー
8. ありがとう with 小坂忠
9. STELLA(Sketch Showの曲)

今回、気になったのが西岡恭蔵さん(99年没)の、
「プカプカ」「ろっかばいまいべいびい」あたりを
チェックしてみようかと思います。

DVC00073_M.jpg DVC00074_M.jpg DVC00076_M.jpg

写真左:「ホワイトバンド」http://www.pia.co.jp/whiteband/
中:雨の降り始め、このまま2時間以上も滝雨が続く。
右:ちびは辛い、でもホソノさんは見えた!
posted by emi at 13:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日のBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東北ねぶた&函館まいうーの旅 その3

大宴会場での夕食は飲み物がついているので
お財布に遠慮なくびぃるをぐびぐび、
お膳の上には茹でたらばの足、
甘海老・まぐろ・数の子のお刺身、
たこしゃぶ、めかぶ、しおから、
そして函館ならばこれがなくっちゃ!の、いかそうめん。

いかそうめんは普段食べるグニャグニャした食感ではなく
シコシコしてて、歯ごたえがすごいのよぉー。
うーん、さすが漁り火の街。

kani.jpg takoshabu.jpg ikasomen.jpg

さてさて、やっつけたぞぅー、飲むぞうと思っていたら
仲居さんたち、なにやらお盆をもってやってきます
あらら…、まだお料理あるのね。

海老のしんじょ、
カニのクリームコロッケ、茶わん蒸し、
そして、全く手をつけられなかった
ごはんとお吸い物…

otsukuri.jpg sinnjo.jpg

入りません、もう勘弁してくださいっ
すでにびぃるも飲み切れずに放置プレー(ありえないー)と
泣きが入ってるところへ

またまた、仲居さんが入ってくるのですっ
そう…デザートのメロン。

あーんっ、お腹いっぱいすぎて…

ん…………

んまー。でなぜかメロンはペロリ別腹ってスゴイ、
でも写真を撮る余裕など、このときすでになし(ーー;ゲフー

食後、うぷっとなりながらも、
腹ごなし観光として函館山へバスに乗り込み、でかけるのでした。


函館山のロープウェイに乗って、頂上へ。
ものすごーーーーい人ひとヒトです。
んが、やはり名所なだけにすばらしい夜景が望めます、
くびれのある、独特な地形がいいのでしょうね〜。
降りて来て、バスでホテルへ帰る途中、
ドライバーさんが倉庫街を通ってくれたのですが
プチ横浜な雰囲気でよかったです♪ 港街は異国情緒がありますね〜。

yakei.jpg soukogai.jpg

そして、ホテルについて温泉に入っても、
まだまだぽんぽこりんのお腹を抱えたまま就寝。。。。


● 3 日 目 ●(8/8:日)

朝、朝食バイキングにて和洋折衷とてもお見せできない朝食ののち
荷物をまとまて、函館の朝市へ。
しかし、昨日からの暴食でお腹がいっぱいであまり萌えず
ほかのお客さんたちは、精力的に海産物やお菓子などのお土産をみていたけれど
私はそばのホテルのラウンジでお茶をしている始末でした。

その後、あわただしく五稜郭を見学、エレベーターが劇混みでタワーには登れていないので
ほんとうに星形だったかどうかは知りませーん(笑)

tower.jpg caramel.jpg

ここで、ほかのお客さんのなかのお一人が
迷惑なことにありがたいことに、悪名高い有名なジンギスカンキャラメルを
みなさんへ、と配ってくれました。

味? 人にきかないで、自分で試してみた方がいいですよっ!(爆)

キャラメルの余韻で気分が悪くなる前に
トラピスチヌ修道院へ到着、
明治31年にフランスから派遣された修道女が設立した
日本初の女子修道院で、今もなお修道女たちが厳しい戒律のもと、
ひたすら神への賛美と献身の日々を送っているそうなー。
なので、見学の人が入れるのは前庭まで。
レンガづくりの建物はきれいでしたよ。
側の売店でのソフトクリームがおいしかったです(笑)

tatemono.jpg maria.jpg

移動して、土産物屋が併設されたレストランへ。
お昼です、これでこの旅で最後の食になりますー。うーん、もう終わりか寂しい。。。
いくら、ほたて、さけ、甘海老と鳥そぼろの丼と、てっぽう汁。
お腹いっぱいとか言いながらも、
おいしいので具だけは残さず食べました〜

donburi.jpg teppou.jpg

会社への土産は購入した後だったので
とくに土産物屋を見るでもなく、コーヒーなぞすすっていました。
いっつも思うのが、ずーっと買い物をしている人って
旅に出るたびにあんなにお土産買うのかしら??
私じゃ間違いなく破産しちゃうわ(^^;;;

バスにて、函館空港へ。

classic.jpg

さみしいながらも、13:30発の鶴機にて
羽田へ向かって出発。。。
しっかり機内への持ち込みは、クラッシック♪
離陸して函館だと、
すぐに北海道が見えなくなってしまうので
なんだか寂しいですなー。

3日間のどえらい詰め込みツアーで
かなり疲れたけれど、なかなかどうして
おいしいものも食べられたし、宿は全部温泉付きだったし、
自分じゃ行かなそうな観光スポットへ行ったりで、
ある意味、新鮮な旅になりました。

また、そうたぶんそろそろ旅に出ると思います(笑)
posted by emi at 12:31| Comment(2) | TrackBack(0) | バイクじゃない旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。